札幌の賃貸物件の傾向とは?

札幌市は業者がしのぎを削り合う供給激戦区です。地区五年以内の物件が敷金礼金0というケースも珍しくなく、業者側のアピール合戦が続いています。

 

とくに北海道という地域特性上、除雪や暖房設備の充実は必須項目ですから、そういった点に力をいれている業者は多いですし、そこを利用する側も見ておかないと入居してからの生活に困る羽目になります。

 

たとえば除雪のサービスを知らずに札幌市の郊外に住んだとしましょう。朝の通勤直前に車が雪に埋もれていたらあなたはどうやって会社まで通勤しますか?雪で遅れましたなんて北海道現地の人にとっては当たり前ですから言いわけとしては通用しません。

 

また雪による車の破損や賃貸の損傷もあるので専用の保険も用意されています。自分の知識と照らし合わせて利用しましょう。

 

暖房設備は北海道での生活では必需品で、それは札幌市内でも変わることはありません。最近では電化製品の発達もあり、床下暖房など電気を原動力とした製品が主流ですが、停電した時のことも考えてガスストーブを予備として持っておくのも一つの選択肢です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です