食と医療のスペシャリスト、栄養士

食と医療のスペシャリスト、栄養士

 

食と看護医療に興味があるというみなさん、「栄養士」の資格にチャレンジしてみるのはいかがでしょうか。
栄養士は、学校や病院、福祉施設、企業などにおいて、健康な体を保つための栄養成分・カロリーを考慮した献立づくりの看護医療プロフェッショナルです。

では、栄養士はどのようにしたらなれるのでしょうか。
栄養士になるには、大学の家政学科、生活科学科または、栄養専門学校など栄養士養成施設を卒業するとなることができます。

栄養士になるためのカリキュラムには実験・実習・校外実習等がありますので、夜間学校や通信学校はなく、昼間の全日制のカリキュラムのみとなります。

栄養士取得後は、栄養士として看護医療機関で働くこと以外にも、それを肩書きとして食品関係の仕事をしている方も多いようです。

たとえば、食品メーカーにおいての食品バイヤー業務。
栄養士であるということで、食の看護医療プスペシャリストとしてのイメージがとても強いですよね。

また、食品会社、スポーツ関係の施設などで栄養指導や、フードコーディネーターとして働いているなど、野菜ソムリエなどの資格と兼ね備えメディアで活躍している方も大変多いようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です