ISMS取得の負担を軽くする秘訣

ISO27001(ISMS)の取得理由として多く挙げられるのが、「取引先からの取得要求」、「外部への信用の獲得」、「情報という大切な資産を守りたい」などです。

しかし、取得理由は多くあっても、ISO27001の取得チャンスは1度です。

この1度のチャンスを、絶好のチャンスととらえるのか、ピンチととらえるのかで会社としての取り組み方は大きく違ってきます。

実際、ISO27001の取得というのは、会社にとって経営に関するシステムを導入するための重要なチャンスであるといえます。

ISO27001の導入は面倒なものではなく、社内に情報管理のためのシステムを導入するためのまたとないチャンスであるというとらえ方をすることで、経営者や管理者、その下で働く社員も前向きに取得活動に取り組むことができることでしょう。

そして、前向きに活動することで、より良い情報セキュリティの体制が構築できるというものです。
この、「前向きな考え方」というのは、当たり前のようですが、実際には見過ごされやすい重要なポイントであるといえます。

ISO27001(ISMS)取得に対する経営者の思惑

ただ、「中身よりもまずは取得することが先決である」という考えでISO27001(ISMS)を取得する経営者が結構な数いるということです。

確かに、ISO27001の取得によって取引先や顧客への信頼につながり、取得することが取引条件であったりすることもあるので、「取得」が重要であるということもうなずけます。

しかし、ISO27001を取得したらそれで終わりというわけではありません。
そのシステムを運用、維持していかなければならないからです。

もしも「取得」するだけのシステムを構築してしまったら、それは全く意味の無いシステムであるということになります。
意味の無いシステムがもたらすものは、時間とコストのムダだけでなく、経営そのものに支障をきたしてしまいます。

どんなに素晴らしいシステムであっても、有効に利用しなければ逆に有害なものになってしまいかねません。
ISO27001のシステムを導入しようとする前に、システムを維持させるために取得するということを意識しておく必要があるのではないでしょうか。

ISO27001(ISMS)の取得意義

システムのことだけではなく、ISO27001(ISMS)を取得する意義は、様々あります。

「社員の情報に対する意識やモラルが高まった。」、「業務を見直すきっかけになり、効率が良くなった。」、「業務の改善が行え、対外的に自信が持てるようになった。」などです。

このようなケースでは、取引先や顧客だけではなく、社員も満足出来ることが多く、仕事へのモチベーション向上にもつながり非常に有意義なISO27001の取得であるといえます。

そのような、健全なISO27001を導入するためには、経営者のISO27001に対する強い想いや管理者や社員の協力が欠かせません。

また、取得だけで終わるものではありませんから、継続してそのような強い意識を持って会社が一丸となって維持していく必要もあります。

ISO27001の取得は対外的にアピールすることも出来ますが、社内的にも、部門同士のつながりが強くなって風通しの良い会社となったり、情報管理のレベルアップができるなど、様々なメリットがあります。

対外的だけでなく、社内的にも満足出来るシステムの構築がISO27001の取得活動の負担を軽くしてくれる秘訣であるといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です